1961年、ジョージア、トビリシ生まれ。主な映画出演作に、“Eqvsi da shvidi”(04)、ヴァジリ・チィギンスキー監督作『極限水域 ファースト・アフター・ゴッド」(05)、『ダイ・ハード2』などで知られるレニー・ハーリン監督作『5 デイズ』(11)がある。
1957年、イランのテヘラン生まれ。映画監督、小説家、脚本家、編集者、プロデューサー、人権活動家。1983年に映画監督としてデビューして以来、20本以上もの長編映画をイラン、アフガニスタン、パキスタン、イスラエル、トルコ他、数ヵ国にて制作。国際映画祭で50以上もの賞を獲得している。代表作にはカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭審査員特別賞・国際批評家連盟賞受賞の『ワンス・アポン・ア・タイム、シネマ』(92)、カンヌ国際映画祭出品作で東京国際映画祭芸術貢献賞受賞の『ギャベ』(96)、ロカルノ国際映画祭審査員特別賞受賞の『パンと植木鉢』(96)、ヴェネツィア国際映画祭上院議員長金メダル賞受賞の『サイレンス』(98)、『キシュ島の物語』(99)、さらにカンヌ国際映画祭エキュメニック賞受賞でタイム誌の歴代映画ベスト100に選出された『カンダハール』(01)、ドキュメンタリー映画『庭師』(12)など数々の傑作を生み出してきた。 映画制作に加え、マフマルバフはアフガニスタンで2年間暮らし、学校建設や、タリバン政権時に打ち壊されたアフガニスタン映画業界の復興に努めるなど、多くの人権プロジェクトに尽力する。イラン政府により作品の上映を禁じられ、長年にわたり身の安全を脅かされるも、2005年に検閲の圧力に抗議し自国を離れて以来、ロンドンとパリを拠点に活動している。
大統領:ミシャ・ゴミアシュウィリ
President:Mikheil Gomiashvili
孫息子:ダチ・オルウェラシュウィリ
Grandson:Dachi Orvelashvili
売春婦:ラ・スキタシュヴィリ
Prostitute:la Sukhitashvili
歌手の政治犯:グジャ・ブルデュリ
Singer Political prisoner:Guja Burduli
理髪師:ズラ・ベガリシュヴィリ
Barber:Zura Begalishvili
護衛:ラシャ・ラミシュヴィリ
Guard:Lasha Ramishvili
愛に生きる政治犯:ソソ・クヴェデリゼ
Political Lover Prisoner:Soso Khvedelidze
寛大な政治犯:ダト・ベシタイシュウィリ
Political Forgiving Prisoner:Dato Beshitaishvili
監督:モフセン・マフマルバフ
Director:Mohsen Makhmalbaf
脚本:モフセン・マフマルバフ/マルズィエ・メシュキニ
Scriptwriters:Mohsen Makhmalbaf/Marziyeh Meshkiny
製作:メイサム・マフマルバフ/マイク・ダウニー/
サム・テイラー/ウラジミール・カチャラワ
Producers:Maysam MAkhmalbaf/Mike Downey/Sam Taylor/Vladimer Katcharava
撮影監督:コンスタンチン・ミンディア・エサゼ
Director of Photography:Konstantin Mindia Esadze
編集:ハナ・マフマルバフ/マルズィエ・メシュキニ
Editors:Hana Makhmalbaf/Marziyeh Meshkiny
美術監督:マムカ・エサゼ
Art Director:Mamuka Esadze
音楽:グジャ・ブルドゥリ/タジダール・ジュネイド
Music:Guja Burduli/Tajdar Junaid
衣装デザイン:カテワン・カランダーゼ
Costume Designer:Ketevan Kalandadze
共同製作:ダヴィッド・グランバッハ/マチュー・ロビネ/
ルドルフ・ヘルツォーク /ヘニング・ブリュンマー
Co-Producers:David Grumbach/Mathieu Rpbinet/Rudolph Herzog/Henning Breuemmer