Press "Enter" to skip to content

何がおもしろいのかセフレにはわかりません

セフレはお辞儀をして主張した
ちょっと笑った。

振り返ってもこう書いても
何がおもしろいのかわかりませんが
その時は妙に面白くて久しぶりに声を出して笑いました。

セフレに行く途中、ちょっと真面目に話しましたが、
気分や雰囲気を変えたいと思ったのかもしれません。

箸が落ちるのがおかしいときは、
ずっと前のことです
とげや毒がないので、時々笑いたいです。

セフレは笑うので、人と一緒に一定量のアルコールを飲むと、いつも笑っていて楽しいですが、少し違います。

敵意の欠如を示し、会話能力の低さを補うために、私はいつも友好的な笑いやにやにや笑いを持っていますが(やや怖い)、最近笑わないこともあります…..

誰かが笑いの波長のようなものに一致するとき、それは私が仲良くしているように私を感じさせて、私は幸せです。

はじめまして、いつか絶対に訪れる日、笑えない、頬の筋肉が1ミリも動かない日を優しくサポートしてくれると思います。

今年のおでんの始まりを記念して
彼女は大根を買いました、私はこんにゃくを買いました、
コンビニの軒下に立って食べました。

いい日だと思いました。
ある場所で

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です