Press "Enter" to skip to content

セフレとちゃんと昼食をとった

今月初め、日記の友達のcちゃんと昼食をとったとき、たまたまダイエットモードでした。だから、あまり食べないと言ったら、cちゃんは少し(少しだけ)不満そうに見えて「特別な日だ」と言った。
デートでも結婚式でも、セフレモードに入ると人が変わり、妥協せずルールを厳守します。ダイエット中は社交が非常に悪くなるので、あまり多くの人に会わないように気をつけています。そうでなければ、パンを食べますか?アイスクリームは食べますか?セフレを勧めてくれた叔父と叔母にごめんなさい。

一方、cちゃんは義理やしなやかであると言われることもあり、ダイエットにはさまざまな例外条件があります。

今夜もキッチンでお酒を楽しんでいるはずです。あなたが太ったら私はあなたを許しません。 (笑)
県内のある都市では、その都市の人が見知らぬ人を見つけるのが難しいという兆候があります。

近距離よりも遠方から見た方が味わい深い看板で、小さい頃はほぼ毎晩看板を見て育ちました。

看板には「白香」と丸い赤いネオンが書かれており、山側から見たどのネオンよりも特徴的でした。

望遠鏡がないと山側と見分けがつかないので、祖父にお気に入りの望遠鏡を貸してもらいました。

昔はこのセフレを「あまぼこ、かまぼこ」と呼んでいたようです。

いいえ、「ありそう」ではありません。
はっきり覚えています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です