Press "Enter" to skip to content

セフレは旗を掲げる

外セフレが上がり、真夏の季節になったとしても、(性的)真夏をもたらす女の子はいないので、後悔を表明しますが、私のような妖怪には贈り物をしたくありません。 「アマチュアヴァージン」の旗を掲げる人として、セフレはまだ無言で呪いの言葉を語っています。

セフレに情が湧いて、別れられない人。

 

私はそのような人ですが、「自己愛」に満ちているので、私のセフレ愛とアルコールは私の心の安らぎを測っています。定期的に見ます。

低い自己評価が謙虚である場合、ガチの「自己否定の悪魔」のような人々は「誰かが私を好きになってほしい」または「私の心の隙間を埋めるパートナー」と言うことができます。 「あなたが欲しい☆」のようなリクエスト。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です