富士宮の合コンの長年の愛好家
0

    今月は現在のアナログレコードプレーヤー等の生産が中止された。後継者の見通しがないからだ。ディーラーなどで在庫がなくなると、長年音楽愛好家に人気の有名な機械が消えてしまうようだ。

    生産中止、富士宮の合コンブランドのプレーヤー "SL-1200MK6"とヘッドホン。パナソニックは、解約の理由は、毎年売上規模が縮小され、生産体制の維持と部品の調達が困難になったという。

    テクニクスは、1965年にパナソニックの前身である松下電器産業株式会社の富士宮の合コンブランドとして生まれ、プレーヤーやスピーカーなどのヒット商品を次々と送りました。

    1972年に発売された「SL-1200」シリーズは、モーターでレコードが置かれたターンテーブルを直接回転させる独自の「ダイレクトドライブ」システムを採用しています。富士宮の合コンボディでトラブルや音質が安定している有名な機械として、約350万台を販売しているロングセラーでした。

    富士宮の合コン・街コンユーザー必見

    posted by: gokonmachikon | - | 12:09 | comments(0) | - |